インターネット環境の変更も検討する。

引越しで確実に必要になるのが、インターネット環境の変更、それに伴う設定です。
引越しが決まったら、まずプロバイダー(通常1か月前まで)に連絡を入れなければいけません。
(引越し後にもまた継続利用、退会に関わらず同様にです)。

・同じプロバイダーを継続利用する場合は、住所変更の連絡を入れます。
(モデムは引越し先でも設定や交換必要なしで使えますが、タイプによって違いがあるため確認は忘れずにして下さい。※光回線の場合はモデムではなくONUと呼ばれます。)

・退会する場合も、同様に連絡を入れ、モデムの返却を行います。専用キットを送ってもらえるので、そちらに入れて返却しましょう。モデムはプロバイダーからのレンタル品の為、返却しないと代金を請求されることがあるため確認はお忘れなく。)

また、インターネットにつなぐにはケーブルの引き込み工事が必要になります。(wifiや無線ラン利用以外の場合)引越し先に、そのケーブルが引き込まれていない場合は工事に伴う立会が必要になります。

引越しの機会に光回線に変更される方も多いようです。
メリットは言うまでもなく早さですが、ADSLの場合、電話回線を利用するためNTT(交換局や支局など)から遠ければ遠いほど速度が遅くなりますが、光回線ならそのようなことは関係せず、安定した速度を保てます。

また、固定電話を必要とする場合は、オプショナルサービスとして通話料や基本料金が安くなるIP電話の利用の検討をしてみると良いでしょう。

光回線の場合は、現在でもキャッシュバックキャンペーンを行っている代理店や公式があるので、最低継続利用年数と月額費を確認の上、参考にしてみるのも良いでしょう。