家具や大型家電の場合は、先に間取りの確認を

kaden引越しの際に気をつけなければいけないのが、大型家具の寸法と引越し先の玄関間口の大きさやサイズを充分把握しておくことです。

玄関の間口が小さく冷蔵庫が入らないケースがあるためです。

こうした場合の対処法としては引っ越し業者のエンジニア部門の人に分解してパーツごとに搬入し、中で再び組み立ててもらう必要がありますが、しかしこの分解や組み立て費用は数万円費用がかかってしまい、引越し費用が高額となってしまいます。

無理な場合は搬入口を玄関ではなく、室内の窓側から搬入するという方法もあります。

しかし、これには環境的条件が整うことが大前提です。

一戸建て住宅の場合、庭先までそれを運ぶ充分な通路が確保されているかということが問題になってきます。

またマンションの場合であると、高層階に住んでいる人も多くクレーンでそれを吊り上げ搬入する必要があるのです。

しかし高層マンションの20階などであるとクレーンは届かず、クレーンで搬入するにしても限界が有るのは確かで、またクレーン費用も非常に費用が高くつくのです。

こうした場合には、電機屋や量販店にそれを下取りしてもらって新たなものを購入したほうが遥かに安くつく場合があるのです。

家具や家電が引越し先で入らないとなる前の対策はこちらのサイトが参考になります。

参照:搬入経路の確認

冷蔵庫だけの引越し.net

(引越し業者は引越し先まで見に行きません。)

また繁忙期の引っ越しは、引越し業者も多忙であり希望する日時に引越しできない可能性もでてくるため、そのため早めに引越し業者を押さえ予約を入れておくことが大事です。

それに加え繁忙期は引越し料金が通常よりも割高になるので業者三社程度に見積もり依頼をし相見積もりすることも大事になります。