洗濯機の買い替えの参考値。寿命は使用回数?

 

引越しを予定に入れている場合、どうしても今まで使用してきた古い家庭用の電解製品を買い換えてしまいたいと思う方が増えてくるとされています。

 

しかしまだまだ使用できる製品の場合、もったいないと買い換えずに使用を続ける方も少なくないです。

sentaku

 

特に毎日使用する洗濯機などは、

洗濯槽の部分が長年使用することでカビが生えてしまったり、

汚れが蓄積されてしまうのでどうしてもしっかり洗濯をしようと思っても余計に洗濯物が汚れてしまっている常態になってしまうこともあり、

買い替えをすることも清潔な衣服を着るためにも大切なメリットだといわれています。

 

そこで引越しの際に自分の使用している洗濯機などの処分の目安として、家電製品の寿命期間などをきちんと把握しておくことが必要だと言われています。

 

 

主に洗濯機などの家電製品の寿命はメーカーの定めた保障期間を想定することが一般的だとされています。

 

このような家電製品に使用されている部品などは、メーカーによって家電製品に使用されている部品を7年間は保有しなければいけない義務があります。

 

最近多くの家庭で使用されているドラム式の製品などは、一般的な寿命は洗濯機を使った回数となります。

 

洗濯機の性能にも寿命期間が違ってくると言われていますが、一般的には使用回数は2500回~3500回だとされています。

 

 

なので、購入してからの期間とともに、使用回数なども把握して計算することによって買い替えの期間を想定することは可能です。

 

ご家族が多い家庭であれば、何度も洗濯機を使用する必要がありますので、それだけ消耗をしていきますので、使用回数が多くなるほど故障してもまったく不思議ではありません。

 

 

モーターの回転時間、バランスが崩れたことによる軸のまがり、プーリーベルトの切断、パルセーターの摩耗など、駆動系統による故障などもありますので、

 

 

不具合を感じた場合には引越し関係なく買い替えが必要です。